英語学習の始め方

英語の勉強における目標設定方法【学習効率と継続率アップ】

英語の勉強における目標設定方法の画像

英語の勉強をスムーズに進めるためには目標の設定が不可欠です。

むしろ、目標を設定せずに勉強を進めても、英語を習得することは困難になるばかりです。

 

本来は勉強を始める前に目標を設定することをおすすめしますが、途中からでも目標を設定することは可能です。

モチベーションの維持にも、英語の勉強を継続していくためにも目標は必須です。

 

当記事では、英語の勉強における目標設定方法を紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください^^

 

当記事で学べる内容
  • 英語の勉強における目標の重要性
  • 誰でもできる目標の設定方法

 

英語を勉強する上で目標を設定する理由【続けるためには必須】

英語を勉強する上で目標を設定する理由の画像

記事冒頭で英語の勉強に目標は不可欠といいましたが、「なぜ目標が必要なのか?」その理由について少し紹介しておきます。

 

勉強の前に一手間入れるのは少し面倒かもしれませんが、長期的な目線でみると目標を設定しておくことで変わりたい自分への近道となります。

 

英語を効果的に習得するためにも、目標を設定する理由(メリット)について一読しておいてください^^

 

英語の勉強でネックになるのはモチベーション維持

英語の勉強でネックになるのはモチベーション維持の画像

「勉強開始当初のモチベーションを維持したまま英語の勉強を続けられる!」と自信を持って宣言できる方は多くないでしょう。

 

当然のことではありますが、英語が苦手だったり、勉強が好きでなければモチベーションを維持することは難しいです。

 

残念ながら、英語初心者の方だったり、これから本格的に英語を学ぼうとしている方のほとんどがこれらに該当するのではないかと思います。

 

モチベーションの低下は英語へのやる気や熱意が低下するということなので、勉強を続けることが困難になってしまいます。

モチベーション維持は英語の勉強において必要不可欠です。

 

目標を作ることで向かう先(ゴール)を決めることができ、目標が具体的であるほど”すべきこと”がはっきりしてくるので、

英語を勉強した先にある理想の自分を明確にイメージできるようになります。

 

ゴールや理想の自分を可視化することで、やる気が向上するだけでなく達成感を味わうことが可能になりモチベーション維持へと繋がるのです。

 

英語の目標設定で勉強の継続率アップ

英語の目標設定で勉強の継続率アップの画像

何ごとにおいても継続しなければ身についていきません

特に英語初心者であれば勉強量が多くなってくるので継続は不可欠といえます。

 

そこで勉強の継続率をアップさせる為に役立つのが目標設定です。

目標を設定することでゴールを明確にするだけでなく、達成感を感じれるよう上手く目標を設定することでさらなる継続率アップに繋げることができます。

 

作っていく英語の目標には、大きな目標と小さな目標の2種類あります。

大きな目標とは最終的なゴールのことで、小さな目標とは大きな目標の間に作る中継地点のことです。

 

この中継地点を大きな目標にいくつか組み込むことで、英語の勉強における継続率を格段にアップさせることが可能になるのです。

 

詳しい方法は後述している英語の目標設定方法②モチベーションをキープさせるための目標を設定にて紹介しています。

 

目標が明確であるほど『なりたい自分』に向かって進める

目標が明確であるほど『なりたい自分』に向かって進めるの画像

目標は作ることだけで大きな意味があるのですが、目標を明確にすることで英語を勉強してなりたい自分のイメージ像をさらに鮮明にできるようになります。

何も意識せず目標を作ると以下のような目標になりやすいです。

  • 海外旅行で英語を話せるようになる
  • 洋画を字幕なしで見れるようになる
  • 英語を勉強して仕事に活かす

決して悪くないのですが、可能であればさらに明確な目標へと昇華させましょう!

 

例えば、『英語を勉強して仕事に活かす』であれば、『仕事で活かす為に半年間〇〇の教材を使い勉強しTOEICで600点代をとる』という感じです。

 

このような目標であれば、どのような勉強方法でどうなりたいかが明確にイメージできるはずです。

目標を明確にするコツについては、当記事の英語における目標設定①目標内容の考え方を参考にしてみてください。

 

英語の勉強における目標設定方法

英語の勉強における目標設定方法の画像

英語の勉強を始める前に目標を設定することで、勉強のモチベーションキープや継続率アップに繋げることができます。

ここでは、自分の目的にあった目標の考え方について紹介しています。

 

上から順番に見ていけば自分なりの目標を作り設定できるはずです。

勉強の効率を向上させるためにも、英語学習での目的を達成するためにも参考にしてみてください^^

 

英語の目標設定方法①誰でもできる目標内容の考え方

誰でもできる目標内容の考え方の画像

英語の勉強ではどのような目標を作ればいいのでしょうか。

  • 英語を読めるようになりたい
  • 英語を聞けるようになりたい
  • 英語を話せるようになりたい

目的が違えば目標の内容も違ってきます。

 

そこで、目標を簡単に作れるよう目標を作るための材料を記載しておくので参考にしてみてください。

 

目標を作るための材料は以下の通りです。

  • 何を
  • いつまでに
  • どうやって

 

これでは少しわかりづらいかもしれないので、もう少し詳しくすると以下のようになります。

  • 何を:TOEICやなど英語資格の取得
  • いつまでに:英語を勉強する期間
  • どうやって:勉強に使う方法・日々の勉強時間

 

それぞれ穴埋めの要領で埋めていけば目標の内容が可視化されていきます。

このような流れで目標を作ることで内容が明確になり、どのように勉強を進めていくか決めることができます。

特に期間や日々の勉強時間など数字を明確にすることで、目標の達成度をアップさせることができるようになります。

 

英語の目標設定方法②モチベーションをキープさせるための目標を設定

モチベーションをキープさせるための目標を設定の画像

『英語の目標設定方法①誰でもできる目標内容の考え方』で目標を設定したら、次はモチベーションをキープさせるための目標を設定しましょう!

 

一つ目標を設定するだけでもモチベーションの維持は可能なのですが、目標の間に中継地点としていつくか目標を作ることで、さらにモチベーションをキープしながら英語の勉強を進めることができます。

 

私ははじめに作る目標を大きな目標、大きな目標の中継地点として作る目標を小さな目標と呼んでいます。

小さな目標はどんな内容でも構いません。

一番簡単なのは大きな目標を細分化させることです。

 

例えば、大きな目標が『仕事に活かすため半年後にTOEICの試験で600点以上をとる』であれば、

  • 半年で英単語を1500個覚えるため、1週間63個ずつ(1500/(6ヶ月×4週))覚える
  • 英文の基礎を3ヶ月で覚える
  • 英単語と英文の基礎勉強が終わったら、苦手なものを抽出して集中的に勉強し克服する

 

大きな目標だけだと具体性が少し足りないので、日々の勉強量をどれくらいにすればいいか迷うかもしれませんが、

小さな目標をいくつか作ることで具体性が増すので、毎日何をどれくらい勉強していけばいいのか明確になります。

 

英語の勉強を続けていくためにはモチベーションの維持が最重要項目になります。

何度も言うようですが、継続しなければ中途半端で終わり、目的を達成することはできないでしょう。

 

二段構えで備えておくことで、モチベーション維持に左右されず英語の勉強を進めていくことができます。

 

目標設定のコツは欲張りすぎないこと

目標設定のコツは欲張りすぎないことの画像

大きな目標を設定するコツとして欲張りすぎないことです。

どういう意味かといいますと、達成する目標の要素を詰め込みすぎないということです。

 

例えば、『1年以内にTOEICのテストで700点以上目指し、英会話を並行で勉強しネイティブの発音を習得し、できればビジネス英語の基礎も勉強する』

上記のような目標が盛り沢山の状態のことです。

 

目標が高いのは素晴らしいのですが、目標に一貫性がないとあれもこれも勉強しなければならず、いずれ自分の首を締めてしまうことになるのです。

 

特に英語初心者であれば、はじめに覚えることが多いので複数の目標に手が回りません。

一度心が折れてしまうと立ち直るまでに数年かかってしまう可能性もあるでしょう。

 

せっかく英語を始めようと動き出せたのであれば、TOEICならTOEICだけ、英会話なら英会話だけ、というように一つずつ習得していくことをおすすめします^^

 

英語の勉強における目標設定方法まとめ

英語の勉強における目標設定方法まとめの画像

当記事では、英語の勉強における目標設定方法について解説してきました。

英語を始めようと思ったキッカケは少なからずあるはずなので、目標を設定するのにそこまで時間はかからないでしょう。

 

「少し面倒だな」と感じる方もいるかもしれませんが、30分から1時間目標を考えるだけで長期的にモチベーションをキープし英語学習を継続させることができます。

 

目標を設定し勉強内容や時間を明確にすることで、効率よく計画的に英語を習得しましょう!

 

さいごにおさらいも兼ねて、当記事の内容を簡単にまとめておきます。

 

英語の勉強で目標を設定する理由まとめ

  1. モチベーションの維持
  2. 勉強の継続率アップ
  3. 明確な目的へと繋がる

明確な目標に向かって勉強を進めることでモチベーションをキープし、

モチベーションをキープすることで勉強の継続率アップに繋げることができ、

英語の勉強を継続することでなりたい自分へと近づくことができます。

 

英語の勉強における目標設定方法まとめ

  1. 大きな目標を作る(何を・いつまでに・どうやって)
  2. 小さな目標を作る(大きな目標を細分化)
  3. 目標の内容は欲張りすぎない

目標は明確であればあるほど日々の勉強内容も明確になり達成しやすくなります。

目標を目指すコツとしては、英語の知識が少ないほど長期的目線を持つことです。

 

勉強に慣れていないとどうしても焦り挫折してしまうので、できるだけ長期的目線を持って1歩ずつ英語を習得していきましょう^^