英語学習の始め方

英語の勉強を始めて2ヶ月のレビュー【どんな勉強をしてどう成長できたのか】

英語2ヶ月のレビューの画像

英語を勉強したいけど、勉強したことでどれだけ成長できるのか不安な方もいるはずです。

 

当記事では、英語初心者が2ヶ月間どんな勉強をして、どう変わってどう成長できたのか、私が経験した事実をもとに情報を共有しています。

 

英語の成果だけでなく、「やっておけばよかったな」と感じたことや次の課題についても話していきます。

2ヶ月勉強した成果もですが、実践した勉強方法にも注目してもらえたらと思います。

 

英語学習の指標や参考になれば幸いです^^

 

当記事の内容
  • 2ヶ月間実践した勉強方法
  • 英語を2ヶ月勉強した成果
  • 2ヶ月勉強してみての感想と課題

 

英語を勉強して目指す目標

英語を勉強して目指す目標の画像

私が英語を勉強して目指す英語レベルや目標に必要なスキルについて紹介します。

目標は漠然なものではなく、できる限り明確にすることで達成する確率を大幅に高められます。

 

まだ目標がない方や、これから勉強を始める方の参考になるはずです。

すでに目標があって明確に目指したいものがある方は読み飛ばしてもらって構いません^^

 

最終目標はビジネス英語の習得

最終目標はビジネス英語の習得の画像

英語の最終的な目標はビジネス英語の習得です。

これから英語を勉強する方は、まだ日常英語とビジネス英語がどう違うのか詳しくご存知ない方が多いのではないかと思いますが、ビジネス英語の方が専門的で難しいのです。

 

ビジネス英語は日常英語の応用型で、日常的な英語を学んだ後にビジネス英語を勉強することになります。

 

ビジネス英語を学ぶことで、グローバルな仕事に活かすことができ、転職時にも高い効果を発揮します。

 

ビジネス英語といえばTOEICなので、高得点を取るためTOEICに特化した勉強をしています。

 

ビジネス英語を習得するための必須スキル

ビジネス英語を習得するための必須スキルの画像

私が考えるビジネス英語に必須のスキルは以下の通りです。

  1. 基礎英語力(英単語・英文)
  2. 高いリスニング力
  3. ネイティブ英語の発音
  4. ビジネス英語のボキャブラリー
  5. シチュエーション別の英語力(会議・メールなど)

 

上記がビジネス英語に必須のスキルで、勉強は上から順番に進めていくことで効率的に英語学習を進めていくことができます。

はじめに基礎を学ぶことで、その他の分野も理解しやすくなり、ビジネス英語の勉強へもスムーズに入っていけます。

 

2ヶ月間実践した英語勉強法

2ヶ月間実践した英語勉強法の画像

目標を達成する為に2ヶ月間実践した英語の勉強方法を紹介したいと思います。

2ヶ月という期間は中継地点でしかないのですが、長期的な目線を持ち計画的に勉強を実践しました。

 

どんな勉強方法で進めればいいのか迷っている方もいると思うので、英語学習の指針として参考にしてみてください^^

 

2ヶ月間実践した勉強法①英語アプリ【選んだ理由】

スタディサプリのホーム画面の画像

私がはじめに英語の勉強方法として選んだのは英語アプリです。

 

ちなみに、使っている英語アプリの名前は『スタディサプリ』というものです。

テレビのCMでも放送されているので、ご存知の方もおられるかもしれませんね^^

 

英語アプリを選んだ理由は以下の3つです。

  1. スマホさえあればOK
  2. 最新の情報に更新される
  3. 出先のスキマ時間に勉強できる

 

やはり場所を選ばず手軽に勉強できるのはありがたいですね。

しかも高品質のアプリであれば、TOEICなど英語のテスト情報が更新されていくので情報遅れの勉強をしてしまうリスクを避けることができます。

 

スタディサプリにはいくつか種類があり、私は『スタディサプリ TOEIC®︎TEST』というTOEICに特化した有料アプリを選びました。

 

スタディサプリ TOEIC®︎TEST選んだ理由は以下の通りです。

  • 英語の基礎から応用まで順番に勉強できる
  • 英単語や英文の一つ一つに丁寧な説明がある
  • 英語の考え方を学べる(英語に対する苦手意識が薄くなる)
  • TOEICの過去問を実践形式で練習できる
  • 日常英会話専用アプリを無料で使える

 

はじめは有料アプリで英語を勉強するのに少し抵抗があったのですが、実際に使ってみるとかなりが高く、勉強内容も初心者から上級者級まで揃っているので長く利用することができます。

 

無料で使える英会話専用アプリには、ネイティブの発音に特化したリスニング練習機能も付いています。

 

英単語のボキャブラリー増加・英文の勉強・リスニング練習など英語の基礎勉全てが勉強できるので、英語の勉強方法に迷っている方におすすめの英語アプリです^^

 

スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

Recruit Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

英単語のボキャブラリーは毎週100単語ずつ増やす

英単語は毎週100単語ずつ覚えていきました。

100単語と聞くと「多いし無理!」と感じるかもしれませんが、毎日同じ単語を勉強していくことで不思議と頭に入っていきます。

 

私が実践した日々の勉強の流れは、新たな英単語100単語と前の週に勉強した100単語を2セットやることです。

 

英単語の勉強は、聞いて日本語の意味がわかる、見て英語の意味を理解できるのが目標です。

慣れれば1日30分あれば実践できます。

 

自分でも驚きですが、気づけば2ヶ月で800単語覚えていました。

 

経験から言えることですが、英単語を覚えるには繰り返し学習が効果的です。

スタディサプリでは、大体100単語ずつまとめられているので繰り返し学習がしやすいです。

スタディサプリ英単語の画像

 

英文は基礎の基礎から

英文の勉強は、知ったつもりなどの勘違いをなくすため英文の基礎から勉強しました。

英文の基礎とは、形容詞や副詞など品詞や現在形など基礎文法のことです。

 

基礎なので振り返り程度に勉強しようと思っていましたが、勉強してみると新たな気づきがいくつもあり、いつの間にかガッツリ勉強し直していました…。

英語の応用まで勉強が進むと、基礎をどれだけ勉強したかで理解度が変わってきます。

 

英語に自信がない方は英文の基礎から勉強することをおすすめします。

 

リスニング勉強は苦手なものを抽出することから

リスニングでは、苦手なものを抽出することを意識しながら練習しました。

英語ならではのネイティブな発音は独特で、聞いただけではなかなか上達しません

 

そこで、まずは自分はどんな発音が苦手なのかを意識して抽出していき、次に苦手な発音を中心にリスニングの練習を繰り返していきました。

 

リスニング練習には、スタディサプリの日常会話アプリに付属しているリスニングPLUSを使用。

英語ならではの発音を6つの種類に分けて練習できるのでとても効果的でした。

 

あえて苦手な発音を抽出することで苦手だった発音も克服することができ、リスニングへの自信が少しずつ付いていきました。

 

2ヶ月間実践した勉強方法②2種類のメモ

2ヶ月間実践した勉強方法②2種類のメモの画像

頭を整理しやすくするために、私は2種類のメモを活用しています。

一つは日々の気づきを残すためのメモで、二つ目は勉強内容をまとめるためのメモです。

 

メモは英語の勉強内容を理解するのに役立ちますし、日々の気づきを残すことで勉強の継続率を高めることもできます。

 

英語の勉強を進めていくと頭の整理が追いつかないこともあると思いますが、メモすることで頭の中を可視化できるので、何が苦手で何の勉強が足りていないのか整理しやすくなります。

 

日々の英語学習の気づきをノートにメモ

日々の気づきノートの画像

日々の気づきメモでは、日付と時間と気づきを毎日書いていきます。

ただし、気づきがない日は無理に書く必要はありません。

 

気づきを書く理由は頭を整理しやすくするだけでなく、勉強したことに対して気づきを与えることで記憶に定着しやすくなるからです。

 

例えば英単語を覚えるのであれば、「この単語の読み方と意味は似ているな、、!」とか「この英単語は〇〇と〇〇の単語を合わせた感じだな」など簡単なもので問題ありません。

 

後で振り返る時に、「そういえばこの英単語の意味は読み方に似ていたな」と思い出しやすくなるのです。

覚えた単語が多くなるほど効果を実感できるはずです^^

 

自分が理解しやすいよう具体的にメモ(自分用学習メモ)

勉強内容をまとめたメモの画像

勉強内容をまとめるメモでは、勉強内容を自分なりに分かりやすく噛み砕くことで理解しやすくし、大切な箇所を強調することで復習にも役立ちます。

 

勉強内容をまとめるコツは以下の通りです。

  • 抽象的ではなく具体的に情報を記載する
  • 必要であれば自分が理解しやすい例も追加する
  • 重要なことは※などで強調する
  • 自分なりの気づきを加える
  • 英単語と英文は分ける

 

書いているときは気づきにくいのですが、後から確認すると抽象的で意味が分からないことが多かったりするので、定期的に自分のメモを見直すことをおすすめします。

 

英語を勉強し始めて2ヶ月の成果

英語を勉強し始めて2ヶ月の成果の画像

英語の勉強を始めて2ヶ月でどれだけ英語力が強化されたか、2ヶ月前と比べた成果を発表したいと思います。

 

英語を本格的に勉強する前は品詞の種類も理解しておらず、英単語も恥ずかしながらchicken(鶏)など簡単なものしか知りませんでした。

 

英語初心者が2ヶ月勉強したらどれだけ英語力が上達するのか参考にしてみてください^^

 

2ヶ月で英語の勉強に費やした時間

2ヶ月で英語の勉強に費やした時間の画像

日々の気づきメモで振り返ってみると、2ヶ月で勉強した時間は5705分(約95時間)でした。

勉強の平均時間は約1.6時間となります。

 

日々の勉強時間は特に意識しておらず、無理せず可能な時に可能なだけやるというマイペースな勉強方法でした。

ただし英語を勉強しない日はなく、無理しない代わりに毎日勉強を続けるという継続を意識した勉強方法です。

 

やる日とやらない日があったのでは気持ちにムラが出やすく断念する可能性が高まるので、無理せず継続を意識した勉強方法を選びました。

 

結果、英語の勉強を開始してから今まで毎日勉強が続いています。

あえて勉強時間は決めず、継続を意識して無理しない方が長期的に効果を発揮できます^^

 

2ヶ月の成果①英単語のボキャブラリー

2ヶ月の成果①英単語のボキャブラリーの画像

英単語のボキャブラリーは2ヶ月で800単語に増えました。

1週間に100単語ずつ覚えていきました。

 

とりあえず基礎的な英単語は覚えておいて、使いたい時に英単語がパッと出てくる状態までにはしたいですね^^

 

2ヶ月の成果②英文の理解力

英文は品詞の役目や現在形など基礎から勉強し、仮定法や関係代名詞など徐々に難易度を高くしていきました。

そして2ヶ月で一通り勉強し終えました。

 

ただしこれで終わりではなく、理解度の低いものを中心に勉強することで、苦手意識の克服を目指しています。

 

2ヶ月の成果③英語のリスニングレベル

2ヶ月の成果③の画像

英語のリスニングでは、苦手な発音を知ることから始めました。

 

英語には日本語で使われない発音がいくつか存在します。

英語ならではの発音を知りリスニング練習をすることで聞き取りが上達していきます。

 

リスニングにはボキャブラリー数も重要だと気づく

リスニングを練習していく中で、ボキャブラリーの数も重要だと気づきました。

英語を聞いていると、何を言ってるのか理解できず嫌気が差すこともあると思いますが、理由は発音を知らないこととボキャブラリーが少ないことにあるのです。

 

発音を聞き取れてもどんな意味か分からなければ正解が導き出せません。

 

私はリスニング勉強の中でこの2つを理解し練習したことにより、2ヶ月でリスニングレベルが格段に上達していきました。

 

2ヶ月の成果④スピーキングレベル

2ヶ月の成果④スピーキングレベルの画像

2ヶ月ではスピーキングの勉強まで進めることはできませんでした。

ただし進められないのは予定通りで、理由はスピーキングには不可欠なスキルがあるからです。

 

スピーキングには以下の3つのスキルが必要です。

  1. 会話が成立するだけの英単語と英文のボキャブラリー
  2. リスニング力
  3. ネイティブの発音

 

私は以前仕事の関係で英語を話す機会があったのですが、

言いたいことがあっても英語に変換できない

話しかけてくれるけど上手く聞き取れない

わかる英単語でも発音が合ってなく理解してもらえない

という問題があり全く会話になりませんでした

 

英語初心者の方で、これまでに英語を話す機会があった方には共感してもらえる内容ではないかと思います。

 

このような経験からも言えるのですが、英会話の勉強へスムーズに移行するためには、英語のボキャブラリーを増やし、ネイティブの聞き取りと発音を理解しておく必要があります。

 

はじめから英会話を勉強すると、勉強することが多いので行き詰まり、心が折れる原因を増やしてしまうだけです。

 

なので英会話は、ある程度英語のボキャブラリーやネイティブ力を強化してから挑むことをおすすめします^^

 

2ヶ月英語を勉強した感想と今後の課題

2ヶ月英語を勉強した感想と今後の課題の画像

英語を2ヶ月間勉強した感想と今後の課題について話していきます。

2ヶ月という期間は勉強において長い時間とは言えませんが、英語初心者にとって始めの2ヶ月は方向性を決めるとても重要な時間です。

 

英語学習の始め方や方向修正の参考になればと思います。

 

2ヶ月英語を勉強した感想【ほぼ想定通り】

2ヶ月英語を勉強した感想【ほぼ想定通り】の画像

まず勉強方法ですが、英語アプリにして正解でした。

仕事の合間や食事休憩では効率的に勉強できましたし、寝る前でも簡単に勉強できる手軽さは継続に欠かせません。

 

おかげで目標通り英単語も英文も基礎から順番に勉強でき、スムーズに応用へと移行できました。

 

リスニング練習では、日本語にはない弱系の発音にかなり苦戦しましたが、弱系に集中し勉強することで徐々に克服することができました。

 

仕事の関係で英文の申請書を見ることがあり、以前は理解できず読むことを諦めていたのですが、驚くことにかなり理解できるようになっていました。

 

2ヶ月という短い期間でも、自分に合った正しい方法で勉強することで成長できるのだと実感できました^^

 

英語を2ヶ月間勉強して感じた今後の課題

英語を2ヶ月間勉強して感じた今後の課題の画像

英単語のボキャブラリーは順調に増えましたが、英文の理解度がまだ物足りないので、苦手な英文法をさらにフォーカスして勉強したいと思います。

 

リスニングはある程度聞き取れるようになりましたが、スピードが早いとまだ聞き取れないことが多いので、これからは英語のスピードを2倍や3倍速にして練習していきます。

 

勉強の進捗次第では日本語の英語変換の勉強をしていく予定です^^

 

英語を勉強し始めてレビュー【2ヶ月】まとめ

英語を勉強し始めてレビュー【2ヶ月】まとめの画像

当記事では、英語初心者である私が2ヶ月間勉強した方法や成果について紹介してきました。

 

私は英語に対して苦手意識があったので、英単語のニュアンスや英文を深く理解するよう心がけました。

 

はじめは理解度を磨くために時間を使ったので進捗が悪かったのですが、理解度が増すにつれスラスラと頭に入っていくようになりました。

 

考えながら自分なりの方法を見つけるのも良いですが、一から考えるのが面倒な方やすぐにでも勉強を始めたい方は私が実践した勉強方法を参考にしてみてください^^

 

さいごに英語初心者におすすめの勉強方法を簡単にまとめておきます。

 

英語初心者におすすめの勉強方法まとめ

  • 英単語のボキャブラリー増やす
  • 英文は基礎から勉強
  • 継続率アップ・気づきの為にもメモを活用
  • リスニングは英語独特の発音を知り苦手な発音を徹底的に練習
  • 英会話はボキャブラリーとネイティブ力を強化してから

勉強を始める際はどうしても意気込みがちでやり過ぎてしまいます。

過剰な勉強は集中力が低下しますし、時間のわりに記憶に定着しづらいです。

 

長期的な目線を持ち無理しないことで、継続率を高め効率よく勉強を進めることができます^^